水道局は水に関する修理も相談できる

水道局は水に関する修理も相談できる 水は私たちが生活していく上でなくてはならないものであり、日本では水道の普及率は9割を超えています。さらに蛇口をひねって出てきた水をそのまま飲むことができるというのは世界的に見てもとても珍しく、日本の水事情に海外から来た人が驚くことも珍しくありません。世界にも日本と同じように100%近く普及している国はありますが、普及しているからと言ってその水を安全に飲むことができるというわけではありません。

■日本の水道事業はいつ始まったのか

安全に安心して美味しい水を飲むことができたり使用したりすることができますが、実は日本の水道には100年以上の歴史があります。もともと日本でも大正時代頃までは井戸の水を汲み上げたり、川の水を使用するなどして水を調達していました。しかし、時代が進むにつれて水を介して感染症が広がるようになり、原因は水質汚染であることがわかったことで感染症から国民の健康を守るために整備が確立されました。これが明治20年の出来事です。
世界大戦で一時は事業がストップしたことで普及率は5割を下回ってしまいましたが、高度経済成長とともに急速に普及も進み現在に至っています。日本の水は水道法という法律で水質の基準が厳しく定められており、この基準は水質の安全を確保するために生涯にわたって連続的に摂取しても健康に影響を及ぼさないことを考慮して設定されています。水質基準に基づいて定期的に水道局や地方自治体は原水や浄水場の水、一般家庭の水道の水質を検査しており管理しています。

■どうやって安全な水が私達の元に届けられているのか
普段生活している中では当たり前に蛇口をひねると水が出てくることから、どうやって安全な水が自分たちの元に届けられているのかよく知らないという人も多いのではないでしょうか。基本的に水源となるのはダムの水、河川の水、地下の水、そして海水の4種類であり、これらの水源から取水され浄水場に導かれます。浄水場では不純物などが取り除かれ、塩素が注入されるなど飲料水として使用することができるレベルまで浄水され、各家庭などに水を届けるために調整池や配水池に一時的に溜められます。その後、道路に埋め込まれている排水管を通って各家庭に水の供給を行っています。道路に埋め込まれている排水管は市町村が管理しているものですが、この排水管から引き込むために必要な分水栓や給水管、止水栓などは給水装置と呼ばれ、各個人の所有物となります。つまり初めて引き込む場合は市町村の排水管に自己負担で給水装置を取り付けなければなりません。こうして生活に必要な水を使用することができるようになります。

■水に関する修理が発生した場合も水道局に相談する

毎日当たり前に水を使用している中でトラブルが起こるとパニックになってしまうという人も多いのではないでしょうか。そんな時に頼れる存在となるのが水の供給を行っている水道局です。水のトラブルを解決するための修理業者も多く存在していますが、まずは水道局に相談することでスムーズに解決しますし、修理業者を紹介してもらうこともできます。紹介してもらうことができる業者は指定を受けた業者であることから安心して修理を依頼することができますし、水漏れなどを放っておくと水が常に出続けていることから料金も跳ね上がってしまいます。そんな時も相談することで料金を免除してもらうことができる可能性もあるので、水のトラブルに関する修理が必要になった場合はまず相談してみましょう。

■まとめ
日本の水に関する事業や歴史、そして各家庭に水が届けられる流れなどを紹介しました。また水に関するトラブルも一緒に相談できることから、日本の水道局は非常に頼れる存在であることがわかります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース